3月5日は参加型イベント!「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」@昭和湯

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング Best5

京都以外で初となるみんなの銭湯図鑑編集会議

銭湯は近年数が減少している施設の一つで、歩いて行ける範囲にもう銭湯が無い地域もあります。銭湯は各家庭に銭湯がない公衆衛生上昔は必要でしたが、各家庭に風呂ができたからは銭湯の必要性は減ってきました。現在は風呂がない高齢者と、風呂があっても家で入浴するのが怖い高齢者などが主なお客さん。そんなお客さんも歩いて銭湯に通えなくなったら、介護保険で要介護認定(要支援認定)を受けてデイサービスで入浴するようになるので、利用者の数は増えません。

また銭湯の経営者も高齢化と跡継ぎ不足で自分の代で廃業される方が増えています。

港区の某銭湯の張り紙

そんな銭湯の現状を何とかしようと東淀川区淡路にある昭和湯の横にあるゲストハウス木雲(もくもく)の森川さんと大阪の銭湯を盛り上げるイベントを考えました。そこで企画したのは「ひつじの京都銭湯図鑑」の大武さんをお呼びしてイベントを開催やってみようということになる。このお2人の話も交えながら参加される皆さんにも銭湯についての想いを語っていただきたいと思います。

左から私と森川さんと大武さん


今回開催するのは参加型イベント!「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」

※参加される方は、事前に大阪のどこかの「銭湯」に入ってからお越しください。

「銭湯」という単語を見て気になるあなた!通った頻度は関係ありません。興味があればどなたさまでもご参加ください。皆様の参加お待ちしております。

今回のイベントで大武さんが昭和湯の間取り図を描いてくださいました。

大武作昭和湯の間取り図

日時:2017年3月5日(日)13時~
会場:銭湯つきゲストハウス木雲(もくもく)
− 営業前の昭和湯を見学&森川さんより挨拶
− 大武さんによるトーク
− みんなの大阪銭湯図鑑、編集ワークショップ
参加費:1,500円(ソフトドリンク+大阪市銭湯入浴券付)
定員:~20名

イベント内容はFacebookイベントページをご覧ください。

参加型イベント!「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク