iPhone環境でFacetimeで通話環境を(IT防災の下準備 その1)

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング Best5

どんな方法でもいいのでまずは家族が通話できる手段を作ろう

※この記事はスマホでもApple社のiPhoneのアプリの話です。ガラケー及びandroid端末では使用できませんのでご注意ください。

『IT×防災』に関して考えていきたいと思います。『IT×防災』というとプログラムを書いたりとか難しいイメージがあるかと思いますが、普段やってることも含まれますのでご安心ください。

題名にiPhoneと書きましたが、ようはApple社の環境下同士であれば、テレビ電話や音声通話ができる『FaceTime(フェイスタイム』というアプリは使えるようです。

Appleの囲い込みアプリで通話相手と自分が必ずApple社の機械同士でないと話ができないんですわ。そんなもん相手がいちいち携帯がiPhoneなのでandroidなのか知りまへんわ。使えないアプリやなと思っていましたが、最近あることに気が付きました。

このアプリ相手限定して使うにはとても便利かもしれない。

久しぶりに部屋の掃除をしていたら昔使っていたiPhone4sが出てきた。周りを分厚いカバーで覆っていたので目立った傷がほとんどなかった。試しに充電してみたらちゃんと起動した。

思わず1stガンダムのあのアムロの言葉が頭をよぎる。

「こいつ・・・動くぞ!」

動いたものだからiPhone4sを初期化して最新のiOS9.3.5にしてみたら、意外とサクサク動くんですよ。これは使えるなぁと

さてこいつをどうやって使ったらいいかをいろいろ考えてみたのですが、家におる時ぐらいは娘と連絡をとれるようにしたいなと思いました。

普通ならLINEとかskypeを入れるのですが、そういえば時になったのがさっきから書いている『Facetime』です。あまりよくわからないので調べてみると

FaceTime(フェイスタイム)が使えるのは、フロントカメラを搭載した

  • iPod touch (2010年発売の第四世代以降)
  • iPhone (2009年発売の第三世代:3GS以降)
  • iPad (2011年発売の第二世代以降)
  • iPad miniシリーズ全モデル
  • iPad Proシリーズ全モデル
  • Macパソコン (Mac OS X v10.6.4 Snow Leopard以降)

です。テレビ電話のアプリだけあってフロントカメラが必須です。元々はWi-Fiのみの対応でしたが、iOS6からは3GやLTEにも対応。どこでも使える代わりにWi-Fi以外のところではデータ通信量がかかることを気を付けなくてなりません。パケット代かかりすぎで怒られたのかiOS 7からは音声通話のみでも利用ができるようになりました。

音声通話のみの出現によりこのアプリの使い道が増えました。このApple社同士でないと通話できない不便さを逆手にとって子供向けの通話相手を限定したい使い方にはもってこいです。

別に家族同士が全員が通話できたらどんなアプリでも問題ないわけで、LINEやSKYPEでもFacebookの通話でも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク