アラビア数字のシチズン クリスタルセブン

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング Best5

1960年代日付・曜日付き当時「世界一の薄型」といわれた自動巻きの時計

シチズンが発売したロングセラー商品でライバル社セイコーのセイコー5に対抗して手巻き機能が付いた自動巻き時計。

大卒の初任給が2万円の昭和40年に21石が9,800円、23石が11,500円、27石が13,500円、30石が16,000円、33石が16,500円、43石はほぼ給料全部の19,500円でした。ケースですが、SSケースとCGPケースの2種類があります。形状等のデザインは文字板同様に様々です。

スポンサーリンク


このシリーズの特徴的なのは12時位置下に曜日表示、3時位置に日付表示が配置されています。竜頭操作で日付のみ早送り可能。
私の所有しているクリスタルセブンはこのシリーズでもレアとされるアラビア文字のブラック文字盤タイプ。しかも数字がなんとなくあの「フランク三浦」ぽいかわいいタイプです。
石は27石(Cal.5204)です。
ぱっと見ただけではクリスタルセブンとわからない自慢の1本です。

シチズン クリスタルセブン


ロングセラーだったので様々なタイプが発売されています。また石も21石から43石まで時代と共に変化していってるようです。
対抗機種のセイコー5と比べると、知名度も人気も今ひとつのようですが、私はこのアラビア文字のブラック文字盤は自分の時計以外に見たことがありません。

シチズン クリスタルセブン 裏蓋

ベルトは、モレラート社製の文字盤の黒と、アラビア数字の白と同じ配色の物を選びました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク