家庭内の音楽環境IoTで便利にしよう!

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング Best5

家庭内音楽環境をIoTで便利に!

iPhoneなどのスマートフォンの普及やBluetoothなど無線通信機械の値段の手ごろさにより『IoT』は便利になってきました。

『IoT』って何?

いきなり出てきた『IoT』って何?『IoT』とはInternet of Thingsの頭文字をとったもの。最初の文字は『エル』の小文字ではなく、『アイ』の大文字で『アイ オー ティー』と言います。よくある解説の言葉を借りれば「モノのインターネット」と訳します。

スポンサーリンク


音楽環境をインターネットと繋いで流すだけで『IoT』なんて、普通にiPhoneで誰でもやってるやんと突っ込まれそうですが、もともと定義があいまいなのでお許しくださいませ。

家庭内音楽環境をデザインする

はじめに実際に家庭内でお手軽に音楽が流れる環境を考えてみましょう。デスクトップやノートパソコンで仕事しながら音楽をスピーカーから流せばいいのですが、できれば別系統にしたいです。
私はiPhoneなので操作はiPhoneからがいいですね。ということで操作する機械は『iPhone』にします。

操作はiPhoneで

次に音を鳴らす方法。

『iPhone』から音を鳴らす方法っていろいろありまして、単純に線がごちゃごちゃしたくないという場合はBluetooth対応のスピーカーもあります。まぁこれでもいいのですが、今回はもう少し考えてみましょう。

『Raspberry Pi』とかどうだろう

作業するパソコンと別に小型のパソコン「Raspberry Pi(以下:ラズベリーパイ、ラズパイ)」をミュージックサーバーとしてアンプとスピーカーの近くに置き、音楽専用機として使用する。
ラズパイは小さいコンピューター。記録装置はSDカード、OSもオープンソースの物を載せることで安価で購入できます。モニタやキーボードも取り付けれますが、初期設定をした後はリモートコントロールで扱います。

これにiTunes(もしくはVolumio)を入れてミュージックサーバーと言う方法です。手元のiPhoneで操作して、予約曲を入れたりすると数人でも順番に音楽を流せますね。またテレビに接続すれば動画の再生も可能です。音楽ファイルの収容数が多ければ、NAS(Network Attached Storage)つまりはネットワーク型外付けハードディスクに曲を収容しますが、NASはルーターの近くが多いので、別の部屋で音楽を聴く場合はラズパイが便利です。
ここまで考えたけど、音楽を聴くために操作する人間が私一人なのでここまで大掛かりなシステムはいらないような気がしてきました。なので、別の方法を考えます。

うちでは『ラズパイ』+iTunes(もしくはVolumio)のミュージックサーバー不採用とします。

もっと単純に『コンポ』+iPhoneなんかどうだろう

次にもっと単純にiPhoneで操作してコンポで鳴らすという考えに切り替えてみた。iPhoneから有線ならコンポにAUXがあればそこに接続すればいいのですが、線がみっともないのでiPhoneとコンポの間の通信はBluetoothが良いと思い、Bluetooth機能付きのコンポってあるのかしら?いくらくらいするのかしら?と思ってしらべていると、エレコムからこんな商品が発売されていました。

既存のコンポに接続するとBluetoothでやり取りできるようです。

すばらしい!では、このレシーバーとコンポを買おうと思い、コンポをヤフオクで狙う。
BOSEのアンプ付き101MMスピーカーセット。いいなと思いきや競り負けて1万円超える。

続きまして、アンプだけを探してみました。色や形状からこれがいいかなと思ったのが、BOSEのRA-8コンパクトアンプ

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このアンプはサンスイのR11のOEMなんです。

銀色か黒かでBOSEが好みとヤフオクを物色するが希望の値段では落とせず、経済的な理由でコンポ』+iPhoneも不採用

もっともっと単純にBluetooth対応のスピーカーなんかどうだろう

ここまで考えて頭に浮かんだのが当初のBluetooth対応のスピーカーという考え、ここに来てまさかの展開。元に戻った!?大阪環状線か!
とりあえずは、検索してみたBluetooth対応のスピーカー。これが今までで一番検索してて楽しかったです。ラインナップが豊富だし、ほとんどに、充電機能もついている。野外で電源不要で使える!これってすばらしいですね。野外と言わず、プレゼンの時も使えるし、一番私にあってるかも!
例えばJBLならこんなスピーカーや

こんなスピーカーまで

BOSEも色々揃っているSoundLink Color Bluetooth speakerはⅡがでました。

BOSEの防水スピーカーはポットみたい。

色々検索してこれがいいなと思ったのが、1辺が8cmもしないコンパクトBluetooth対応のスピーカーしかも充電池内臓。

さっそく注文し数日後に届きました。ペアリングも完了し、音楽を再生。おおっ、これが2,000円位で購入できるって良い世の中になりましたね!!

結論:自宅をミュージックサーバー化したいとはじめた今回の家庭内音楽環境をIoTで便利に!結局ふたを開けてみればスタンドアローンで、iPhoneとBluetooth対応スピーカーの組み合わせで終わってしまいました

でもどんな形であれ、値段、用途、デザイン、自分の一番最適だと思う組み合わせで構築することが大切だと思います。その為にあれやこれや検討する過程もとても重要だと思います。

シンプルか複雑か、今回はシンプルに軍配があがりましたね~。今回は財布にも優しかったのがよかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク